小さな赤ちゃん応援センター

超低出生体重児、超未熟児の育児ブログやNICU体験記など掲載の小さな赤ちゃん応援センター
HOME(携帯版)
タカラモノ(ブログ)
成長の様子(写真)
NICUでの出来事
足跡長(掲示板)
お役立ち情報
小さな赤ちゃん応援センターは未熟児を持つパパママを応援します。このページは携帯用です

HOME│NICUでの出来事

まさか自分の子どもがNICUに入ることになるなんて、妊娠初期には思ってもみませんでした。名前くらいは聞いたことがある。保育器の中に入っている赤ちゃんも、テレビで見たことがあるような気がする程度でした。
 漫画、「ブラックジャックによろしく」でもNICUが登場していたのは読んだけれど、遠い世界か漫画の世界か、という感じでした。
写真01
 けれども自分の子どもが超低出生体重児(超未熟児)で産まれ、毎日のようにNICUに通う中で、NICUや周産期母子医療センターの重要性や必要性を初めて実感しました。


写真は、生後すぐの保育器の様子。
写真02
 ケースが濡れているのがわかるでしょうか。
 生まれたての小さな赤ちゃんは乾燥が苦手なのです。

 湿度100%、保育器の中の温度は35度程度と、お母さんのお腹の中に近い状態で数日間を過ごします。

 びしょびしょのケースに、サランラップのようなもので体を覆われ、体中が管だらけの赤ちゃんですが、時々目を開いたり、体を動かしたり、とっても力強い生命です。
緊急の帝王切開手術後、次の日かその次の日に赤ちゃんとの面会が出来ると思います。
 小さな赤ちゃんに戸惑うかもしれません。
 泣いてしまうお母さんも多いと思います。
写真03
 でも、誰も悪くないのです。
 赤ちゃんもお母さんも、とっても頑張ってくれたから、今があると思います。一生懸命手足を動かす赤ちゃんを、うんと誉めてあげてください。
 たくさん、触ってあげてください。
 触ってもらえるのが、とてもうれしいようです。
 最初、少し怖いかもしれません。
 でも、大丈夫。赤ちゃんは待っていますよ。
写真04
 お父さんも、出来るだけ赤ちゃんに会いに行って、そして触ってあげてください。

写真は、とてもきれいに安定しているときのモニターの写真です。
写真05
写真06
 上から心拍数が156回/分
 心臓から遠い部分の血液の酸素飽和度100%
 呼吸数58回/分
 
 となっていますが、超未熟児の赤ちゃんはいつもこうではありません。
 心拍数が半減したり、酸素飽和度が60%を切ることもあります。アラームが鳴り響き、それが面会時間に起これば、本当に気が気ではありません。
写真07
もちろんすぐに処置をしてくれ、少しすれば落ち着くでしょう。アラームにもさまざまな種類と、数値によって、鳴り方が違います。
 最初は全部のアラーム音にびっくりしてしまいますが、すぐに、これは大丈夫、とか、これが鳴り出したから看護師さんに声をかけよう、とか、わかるようになります。

 最初の一ヶ月くらいは、呼吸を休んでしまって、いろんな心配が常にありましたが、徐々に安定してきました。
 ゆっくり、ゆっくり、です。

 右の写真、手前の3台は、点滴用の注入機です。
 大人の場合は、自然滴下ですが、小さな体には、それだと急激すぎますし、微妙な量の調整が出来ません。 
 
 注射器のような容器に、点滴薬をいれて、機会でゆっくりと押し出すように、注入します。

新生児黄疸や光線療法の記事、母乳育児に関する記事、沐浴、超未熟児だった大ちゃんの成長の記録(カレンダー形式)などはPC版からご覧にください。

PC版からはNICU拡充のアンケートを行っています 
HOME(携帯版)へ戻る
604gのタカラモノ(ブログ)
PC版は こちらからどうぞ
Copyright (C) 小さな赤ちゃん応援センター All Rights Reserved.